遺言書作成についてです。八王子・日野・立川・相模原・多摩の相続・遺言書相談なら八王子行政書士法務事務所

 

 
 
 
 
 

弊所の「当日30分遺言書」とは

 他にはない高齢者対応の専任スタッフ!!作成完了まで確実な全面サポート

弊所では、高齢者対応経験豊富な専任スタッフをお付けすることで、精神的にも安定した状態で遺言を作成して頂けます。

「遺言書を作っておきたいけど、分け方の考えがまとまらない」

「なるべく揉めないような分け方を、一から教えてほしい」

この様な、お悩みも一からサポート致します。

一度の面談や訪問で、全てが話せることでもないかと思います。

その方の経歴や、ご家族の歩み、隠されたお悩み。
今、こうやってお会いできた機会を大切にして、
一緒に考えていきましょう。

(万が一、遺言書完成前に案文の再作成となっても、追加料金は頂きません)

 

 

遺言の打ち合わせは、「ご自宅」も選べます(希望訪問率80%)

私どもの事務所では、遺言相談時の場所をご本人の好きな場所を選ぶことが出来ます。
自宅でも、施設でもどこでも可能です。

それは、その方にとっての心のよりどころ、「ホームグラウンド(生活拠点)」で話を聞くことの大切さを、日々実感しているから。

また、ご高齢の方ほど、外出は大変なものです。

「まさか家にいながら、作成できるとは思っていなかった」とのお言葉も多数いただいております。

(※八王子市内・近隣であれば訪問による追加費用は頂いておりません。)


遺言者の心理的・体力的負担を最小限に

弊所での遺言書作成は、専任スタッフの希望や、訪問をご希望される方が多いこともあり、
「70歳代が約50%、80歳代が30%」と70歳以上の方が8割以上と、ご高齢な方からのご依頼が多くなっております。

だからこそ、ご相談時には「配慮」を設けております。

・ご高齢で耳の遠い方にもゆっくり対応いたします

・その日の疲労度や翌日のご予定等も配慮した作成をいたします

・その方の日常生活(デイサービスや会合)等のお時間に影響はさせません

 (作成途中に入院等々で大幅に伸びたとしても問題ありません)

 

お客様の声

幣所に「遺言書作成」をご依頼されたお客様の喜びの声はこちら

 


ご希望により遺言執行者就任もお引き受けいたします    

  遺言執行者にはその相続財産を管理し、 相続人に引き渡す権限と責務があります。同時に相続人はその相続財産を勝手に処分することができなくなります。

 また、相続人の中に主導権を持つ強い人がいる場合、遺言書を白紙にもどして話し合いで分け方を決めようとすることも考えられます。

弊所でも遺言執行も受任可能です。
執行経験も多数あるため、相続開始後も遺言書に沿った執行を行い、
遺言者の遺志を継いで相続手続きを致します。

”家族の設計図”である”遺言書”を「確実かつスムーズ」に実現するには
”大工という職人”である遺言執行者を指定しておくことが大事です。ご自分の大事な遺言を無駄にしないためにもお勧めします。


(詳しくはこちら

 


 

「当日30分遺言書」作成の流れ


 1.当事務所にメッセージ/TEL/メールにてお申込み、ご相談日の調整
お一人様ずつ、専任の遺言作成担当者をお付けし、プライバシーを尊重致します


 2.ご相談、作成スケジュール・費用のお話(ご相談料は無料です)
ご相談内容をお聞きし、ご希望に一番近い形の遺言書を考えていきます。



 3.書類収集開始、遺言の草案作成、公証役場との打ち合わせを代行
プロとして迅速なすべての必要書類収集と同時に、具体的な遺言を作り上げていきます
(※ご自宅での打ち合わせが可能です。足の不自由な方、外出が苦手な方に喜ばれています。お仕事やデイサービスなどご都合に合わせられます。お好きな日時をお選びください。)



 4.公証役場にて遺言書の作成(当日必要な証人2人もこちらでご用意可能)
※ご本人に、外出のご足労いただくのはこの日のみ!作成時約30分で大丈夫です。
※当日はご希望により当事務所の車で送迎もできます。ご家族の同伴も不要です。
(公証人によるご自宅・病院等への出張作成も可能です。)

  5.特製ファイルにて納品&アフターフォロー
どういう書類を集めてどういう手続きをしたのか・・・ご依頼された側としては気になるところです。一般の方はあまり目にすることのない各種証明書を一目でわかるよう、また別の手続きでもそのまま使えるように個別仕様にて皆様にお渡しいたします。
※また後日のご質問やご不明な点などアフターフォローも無料です。お気軽にお電話ください。

 

お問い合わせはこちら 

受付時間 9:00~20:00
(MAIL、FAXは24時間受付)


電話番号:
042-686-3816
(土・日曜・祝日も受付可)

※ 業務として、遺言書の作成に関する個別具体的なサポートができるのは、法律系国家資格者の中でも行政書士と弁護士だけです。 他士業、〇〇銀行、〇〇証券などは「一般的な説明」までであとは仲介です。弊所に直接お越しいただけば仲介料分お得です。 ホームページに謳っているだけの事務所や無資格事務所に依頼しないようご注意ください。


 

3種類の遺言書で悩まれている方

遺言書について

 遺言書には
「公正証書遺言」
「自筆証書遺言」
「秘密証書遺言」
というものがあり,

 どれも形式に従って作れば正式な遺言として認められます。

 当事務所として、もちろん「自筆証書遺言」作成のサポートも行っておりますが、

   遺言書自体の「正当性」や「相続手続き」において、法的効力の強い「公正証書遺言」をお薦めしております。※自筆遺言だけですと預貯金の解約ができません。 

  遺言書というと、亡くなることを前提とするために「まだ早い」「病気になってどうしようもなくなってから」と思いがちですが、遺言書を書くのは思い立った時点で、気持ちの向いているときに書くことが大切です。(当然私たちは作っております。)

心身ともに、落ち着いているときに作りましょう。私たちに、最後までサポートさせてください。

公正証書遺言

当事務所では遺言の中において、遺言書自体の「正当性」や「相続手続き」において、法的効力の強い「公正証書遺言」をお薦めしております。

多少の費用は掛かりますが、3種類の遺言書の中では一番のお勧めです。

作成内容のお打合わせはご自宅で行うことも可能です。
 ご本人は作成最終日に公証役場へ30分ほど行くだけで全て終わります。


※ご病気などで病院や施設に入られている方は出張もできます。

※遺言書を作成するのに、すべての書類収集を任せたい、公証役場とのやりとりを任せたい、他人に遺言書の存在や内容を知られたくない、という方にはおススメです。弊所には守秘義務もありますのでご安心ください。

※お客様は以外動く必要がありませんので、ご負担なく作成できます。
当事務所の遺言書作成費用、 選ばれる理由はこちら

 

自筆証書遺言

 その名の通り「自筆」による遺言書です。
自宅で好きな時に作成できるため、安価で自由に書き直しが可能です。

その一方、記載内容に誤字脱字があり、適切な方法で修正等なされていな場合や、記載内容が不明確な場合等、そもそも「遺言書」として成立しないリスクもあります。

当事務所では、自筆証書遺言を作成をご希望する場合、ご本人が全文自筆で記載可能か判断をする為、一度お会いしてからの作成開始とさせていただいております。

 

秘密証書遺言

 この遺言は、唯一「Word等での代筆作成が可能」です。
必要書類はいくつかありますが、特別な事態が発生したときに作ることは可能です。
作成の最終段階で、公証役場での認証になります。

 

公証役場の遺言書作成手数料について

公証役場の費用は、国で決められており、財産の多少や分け方によって変わってきますが、一般的な方だと6~7万円が平均です。 

遺言書作成費用についてはこちら(外部リンク)



→→必ず知っておくべき
【遺言書7つの誤解その1】

 

~ 是非 私たちにお任せください~

相続専門の当事務所が貴方の人生に
「最適」の遺言書を考えさせて頂きます

相続・遺言相談窓口 八王子行政書士法務事務所

お問い合わせはこちら 

受付時間9:00~20:00
(MAIL、FAXは24時間受付)


電話番号:
042-686-3816
(土・日曜・祝日も受付可)

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方