八王子・日野・相模原の相続・遺言書専門安心相談なら相続屋® 八王子行政書士法務事務所まで

 

 
 
 
 
 

ケース①親の死後、兄弟仲が悪くなっている

実は、結構多いケースです

片親の死後、もしくは、両親の死後、兄弟間でなんとなく距離をおくようになり、あまり会わなくなってしまっているケースは少なくありません。

・仕事や家庭の関係で、実家から離れてしまったことで、実家の面倒をみてくれている兄弟になんとなく会いにくい
・兄弟で話すと昔から喧嘩が絶えない、話にならない
・相談するとすぐ話が大きくなるから、過去の事まで引っ張り出す。関わりたくない 等

…人にはあまり言えないけれど、実は兄弟同士「本人とは会話したくない」というご家庭は意外なほど多いものです。
 

 親の相続の時の影響を受けているケースも

親の介護や相続の話が、現在に関わってきているケースも少なくありません。
単純に「ただ連絡をとっていない」という家族ケースより,

介護や過去の相続の時の影響を受けている方が、
実際厄介であることもしばしば。

介護においては
「うちが介護をずっとしていた。お父さんが入院になった、って連絡しても面会にも来ない。
なぜ、そんな人間と公平に分けなきゃならない」と
「面倒をみると言って引き取ったのは姉の方。勝手につれていったんじゃないか」
 

相続においては
「お父さんの相続のとき、長男が仕切ってたからたくさんもらっている」
「親父の相続で不公平な分け方をされたのが気に入らない」

など。前の相続時の「感情」や「その人への嫌悪感」などは根深く、ただ「書類を送る、印鑑押してくれ」では不信に思われ、手続きが進まないなんてことも当たり前にあります。

 

公平に評価を出すことで進む相続もあります

相続の当事者同士では、過去の問題や、人間関係、感情が絡み合ってしまい、お互いもやもやに。
相続人同士でだめで、「なら、お互い旦那、妻を出せばいいじゃないか」というケースもありますが、わりと、「当の相続人でない【相続の当事者でない人間】が口をはさむことで更に厄介に…

私達のような、相続に関係のない第三者が公平に物事を評価する、価格をキチンと出す。これで、進む相続もたくさんあるのです。


 

弊所が第三者として証明を提示、証明を致します

ご兄弟、お互いの協力なくては、銀行の解約払い戻しも、不動産の名義変更も進みません。
これらを進めるために、弊所にご依頼をいただければ、必要書類の取得から確実な書類の作成、提出等、必要な手続きを一式おまとめして進めることが可能です。

相続人のひとりが作成して提示した財産目録ほど、疑わしいものはありません。

被相続人の財産の「証明」を、第三者の我々が取得し、財産を一覧として「財産目録」を作成し、相続人の皆様に数字として見えるものに致します。

弊所では、ご依頼いただく相続手続きの中でも、ご相談・契約件数のもっとも多い兄弟相続。
その分、兄弟関係のパターンを冷静に分析し、そのご家庭のケースに会った進め方を提案しております。
 

 お力になれる可能性は充分ありますので、是非一度ご相談にお越しください。
(お電話にてご予約いただくと、ご相談料は無料です。)

 

※案件の解決を最優先する当事務所は料金の安さでアピールは致しません

※相続人との連絡や市役所や法務局、金融機関、各窓口等へのご不安も、第三者としての「相続の"エキスパートの"専門家」が入ることでスムーズに進めることができます!

※当事務所は相続・遺言専門で他の業務を受けないため、遺言書作成や相続手続きの相続専門家です。

お客様それぞれの事案に合ったアドバイスをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽に相続専門家の無料相談をご予約ください。

 

八王子市 相続 遺言書 八王子行政書士法務事務所 お問い合わせはこちら 

☎受付時間 9:00~18:30
(MAIL、FAXは24時間受付)


電話番号:
042-686-3816

 (土・日曜・祝日も受付可)
 

※守秘義務を遵守いたします。
ご相談内容はもちろん、誰からご相談があったかも決して口外いたしません。

※お問合わせに対してしつこく勧誘することは一切ございません。
些細なことでも是非お気軽にお問合わせください。

相続 遺言 八王子 相談 手続き 無料


ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方