遺言執行者と各種名義変更についてです。八王子・日野・立川・相模原・多摩の相続・遺言書相談なら八王子行政書士法務事務所

 

 
 
 
 
 

遺言執行者と各種名義変更

遺言執行者とは…?

遺言執行者とは遺言の内容を実現する人のことです。基本的には、遺言書の中で、書いたご本人が信頼している方を指名することが多いです。(私が初めて遺言執行を行ったのは、数年前に実親が亡くなった時でした。)

遺言内容の実現とは、

例えば住んでいた家と土地の名義をその奥様のものに変えたり、
預貯金を解約して相続人の方に引き渡したり、
証券ならば相続人の方名義の口座に移す等があげられます。

 

遺言執行者が指定された遺言書があると、

 

遺産分けの話し合いと遺産分割協議書の作成、署名捺印という過程を省略し、大部分は他の相続人の協力を得ることなく、遺言執行者である私の実印を使用してスムーズに手続きを進めることができます。

 

例えば、遺言執行者が指定されていないとどうなるか

①不動産を相続人以外の人にあげたい、という遺言書があっても、手続き上相続人全員の実印が必要となり、反対する人がいれば実現できなくなります。

②相続人の中に発言力のある方がいる場合、相続人全員が同意したものとして遺言書を無視して、新たに遺産分割の話し合いを仕切られてしまう可能性があります。  ……など

せっかく法的に有効な遺言書を作ったとしても、その通りに実現されなければ全く意味がありません。

 

今、私が遺言執行者として手続きをしている方をはじめとして、相続手続きを依頼される方々の中には、生活動線である電気水道の名義変更や携帯電話の解約、介護保険や年金請求、相続税の申告等もしてほしい、という方も多くいらっしゃいます。

 

弊所は、相続遺言の相談窓口として、

弁護士をはじめとして、司法書士や社会保険労務士、税理士他士業事務所さんとも連携、一括して各種解約・名義変更を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

遺言書が少しでも気になる
作ってみたいとお考えの方は…
 

相続専門の当事務所が自信を持ってお薦めします
遺言書作成サポート

 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方